FUJIFILM X-T5 & TAMRON 17-70 と行く岡本静嘉堂緑地

東京は世田谷の岡本静嘉堂緑地を散策しました。例によって、カメラとともに巡ってきました。

持参したカメラとその設定は以下の通りです。

カメラFUJIFILM X-T5
レンズTAMRON 17-70mm
F2.8
レンズフィルターBLACK MIST
No.05
焦点距離17~35mm
撮影モード絞り優先
測光モードマルチ
絞り値2.8
露出補正値-2.3~+0.7
ダイナミックレンジ
(DR)
200%
400%
ISODR 200%
オート(250~6400)
DR 400%
オート(500~6400)
低速限界1/125
ホワイトバランスオート雰囲気優先
WBシフトR1/B0
フィルム
シミュレーション
クラシックネガ
グレインエフェクト強/大
カラークローム
エフェクト
カラークローム
ブルー
スムーススキン
エフェクト
ハイライトトーン-1
シャドウトーン-1
カラー-2
シャープネス-4
高感度ノイズ低減0
明瞭度-5

いくつか補足しておきます。

露出補正ですが、概して、木々の中や、明暗差のあるところは、マイナスに振っています。陽の当たるところは、明るめにしています。これは、空が青くなり過ぎない配慮もあります。

ダイナミックレンジは、途中から400%にしました。晴天で、明暗差が大きく、空が白っぽくならないようにするためです。

WBシフトは、前回よりも、赤の転びを弱めました。使用したフィルムシミュレーションのクラシックネガは、暗部のシアンの乗りを特徴にしていますが、これをキャンセルさせたくないという気持ちがありました。

そのクラシックネガですが、フィルム調の雰囲気に仕上げてくれます。絞っていないので(F2.8)、カリカリ感がないこと、彩度を弱めているので(カラー-2)、優しい色合いになっていることも相乗しています。逆光の場面がないので、顕著ではないにせよ、レンズフィルターの効果もあるでしょう。

それでは、以下に写真を並べます。一部、トリミングしています。キャプションは、露出補正値です。

-1.3 EV
-1.3 EV
-1 EV
-1.3 EV
-2.3 EV
+0.7 EV
0 EV
-0.3 EV
-1.3 EV
+0.3 EV
0 EV
+0.3 EV
+0.3 EV
-0.3 EV
0 EV
-0.7 EV
-2 EV
0 EV

以上となります。

最後まで、ありがとうございました。

目次